ホーム > 地図データベース > 情報・資料の収集

地図データベース

Map Database

情報・資料の収集

日本中から足で集めた"事実"に基づき、高い信頼性を確保

"現地・現物"主義こそ、当社の一貫した姿勢です。全国約52万箇所の交差点については、全て現地調査を行っており、交差点のレーンと交通規制・ランドマークなどの情報を調べています。また高速道路が開通した場合は、スタッフが現地におもむき開通部分の本線・サービスエリア・パーキングエリアの標識の表記を調査するなど、目と足で確かめた膨大な“事実”に基づき高い信頼性を確保しています。

計測車による収集

安心・安全・エコな車社会の実現には車両の高機能化やインフラ整備とともに、 道路地図データと連携した車両制御やルート案内が有効となります。 計測車は、道路の位置や形状を高精度かつ迅速に計測することができ、高精度な地図の 効率的な作成に役立てています。

■システム構成
高精度GPS データ収集用
PC
3軸ジャイロ
距離計
広角カメラ 画像収集用PC

計測車の特長

■高精度、高鮮度

●車載のGPSや慣性計測装置により高精度な位置姿勢情報を取得することができます。
●高架下やトンネル内など航空測量では見えない部分を正確に調査することができます。
●新規開通した道路を素早く計測可能で、航空写真に比べて迅速かつ安価に整備することができます。


上空遮蔽部分の調査

■勾配の計測

●道路や立体駐車場の勾配を高精度に計測することができます。


駐車場内道路の勾配計測

■道路地物の取得

●撮影画像を補正処理した画像から道路ペイントの位置や大きさを正確に取得することができます。


補正処理した画像

また、画像認識による道路標識や白線の自動抽出技術など、データ計測の自動化と高精度化を推進するとともに、 多くの種類のデータを効率的に取得できるよう研究開発を進めています。