CSR活動の位置づけ

トヨタマップマスターでは社会的責務に関わる活動を分類し、CSR活動として注力、重点推進しています。

対象事項
環境・社会貢献 / 安全衛生 / 企業倫理 / 人材育成

活動取り組み内容

1. コンプライアンス
● 定期的な自主点検の実施
● 企業倫理相談窓口の設置
● 情報セキュリティポリシーの制定、およびそれに基づく取り組み

2. お取引先様との関わり
● 下請法遵守
● 反社勢力排除への取組

3. 従業員との関わり
● 人材育成
・問題解決研修・管理者研修
・資格取得・スキルアップ支援制度
● 安全衛生
・従業員代表との懇談会・安全衛生委員会の開催
・防災・交通安全
● 健康管理
・健康診断の実施
・メンタルケア
4. 社会貢献活動
・清掃活動への参加
・収集ボランティア(ペットボトルキャップ・使用済み切手等)

5. 環境活動
● 製品の環境貢献
・効果的な経路誘導促進による環境への貢献
 (走行経路の最適化による排出ガス・燃料使用量の削減)
・高品質な地図データベース制作、技術開発の取り組み
● 環境に寄与できる体制構築
・環境関連法規・条例の遵守
・社員への環境取り組みの周知・教育と社内環境活動体制の充実
● 事業所の環境活動
・省資源・省エネルギー活動の推進
・グリーン購入の推進

社会貢献活動

公園清掃ボランティアへの参加(2019年4月)
公園清掃ボランティアへの参加(2019年4月)
大高緑地公園において、側溝清掃を行うボランティア作業に参加しました。
公園清掃ボランティアへの参加(2018年4月)
公園清掃ボランティアへの参加(2018年4月)
愛・地球博記念公園(モリコロパーク)において、大花壇の除草作業を行うボランティア作業に参加しました。
被災地ボランティアへの参加(2015年4月)
被災地ボランティアへの参加(2015年4月)
本年度も東日本大震災において甚大な被害を受けた気仙沼市において、被災した図書館での蔵書の清掃・仕分けや、被災した介護施設の花壇再建などのボランティア活動に参加しました。
余剰非常食の提供(2014年9月)
余剰非常食の提供(2014年9月)
大規模災害に備え、社内に備蓄していた水720本、長期保存パン1000食分を、フードバンク活動を行うNPO法人セカンドハーベスト名古屋様に提供いたしました。
提供した食料は、生活困窮に直面されている方々に届けられます。
被災地ボランティアへの参加(2014年5月)
被災地ボランティアへの参加(2014年5月)
2012年より、東日本大震災において甚大な被害を受けた被災地でのボランティア活動へ参加しています。 2014年度は気仙沼市において、埋没した排水路の復旧、調査等のボランティア活動に参加しました。